スキップしてメイン コンテンツに移動

最新の投稿

ツール紹介 Advanced SNES ROM Utility

 今回は「Advanced SNES ROM Utility」というスーパーファミコン用のROMイメージ編集ツールをご紹介致します。内容的にはROM CheckerとLunar Expandを統合したようなツールで、ROMのタイプ(HiROM/LoROM)のチェックとROMイメージのサイズを変更できるのですが、その他にも色々と面白い機能が実装されています。以下がその一例です。 チェックサムの修正 ヘッダの追加と削除 ROMサイズの変更 ROM情報(タイトル、リージョン、バージョン、特殊チップの有無など)の編集 パッチの適用 ROMイメージのHiROM/LoROM相互変換  特に嬉しいのは「ROMイメージのHiROM/LoROM相互変換」の機能です。キャプテン翼4や5のROMイメージのHiROM化( https://www.retrogamelaboratory.com/2024/06/loromhirom.html )の際に触れたように、私は今までLoROMのROMイメージをHiROMに変換する場合は各バンクの間にいちいち8000h分の空データ(00)を追加していたのですが、このツールを使用すれば自動的に各バンクの間に8000h分の空データ(FF)を追加してくれます。こんな便利なツールがあるのであればもっと早く知りたかったですね…。ともあれ、これによりLoROMのバンクサイズの関係でデータを追加しにくかった作品も大幅に手を加えやすくなるのではないでしょうか。ツールに関する詳細は以下のURLをご参照下さい。 https://www.romhacking.net/utilities/1638/

第4次スーパーロボット大戦 続・乗り換えカテゴリー「ダイナミック系」設定の構想

 リアル系主人公とスーパー系主人公の差別化と同時に、劇場版や漫画などで頻繁にコラボレーションしている事もあり、乗り換えの楽しさを考えてマジンガー系とゲッター系を統合した「ダイナミック系」設定の計画ですが、実際にやってみるとある程度予測していた通り攻撃時の台詞のチグハグさが露呈し始めました。乗り換えできる機体の武器の設定を固定パイロット機体と同じIDで賄ってしまうと、台詞の紐付け設定に齟齬が生じてしまい何とも冴えない戦いになってしまいます。上の写真はボスにゲッタートマホークを使わせようとした場合のスナップショットですが、特殊台詞であるスペシャルボロットパンチに紐付けられてしまいます。同様に、下の写真ではジャックがスクランブルカッターを使う際に「SHOOOT!!」と叫んでいます。他にもマジンガー系のパイロットがゲッター系の格闘武器を使うと「ミサイル発射!!」と叫んだりするのでデバッグが非常に面倒な事になっており、早くも前途多難です。
この様にならないようにするために、一部のパイロットや武器は台詞の呼び出し設定を変更する必要がありそうです。特にプロトゲッターは通常のゲッター1と同じ武器IDを使わない必要が出てきますので少々厄介ではありますね。ジャックに関しては台詞の設定基準そのものをマジンガー系の武器の設定に合わせる方向にするか、Fのように割と饒舌な台詞を言わせるようにするかのどちらかで対処する方針です。

コメント

人気の投稿

第4次スーパーロボット大戦 改造コスト&改造数値分岐パッチを公開しました

第4次スーパーロボット大戦 初期型ROMと後期型ROMの物理的な見分け方と入手方法

第4次スーパーロボット大戦 コマ送りモードについて