スキップしてメイン コンテンツに移動

最新の投稿

キャプテン翼4 ドリブルバグ修正計画

 久々にキャプテン翼4をプレイしていて気が付いたのですが、フィールドで選手がボールを保持してドリブルをしているお馴染みの画面で、よく見ると上の写真のように画面の右端に妙な黒い線が走っているのを確認しました。最初は私が各データの位置を色々と移設した際に何か作業を誤まったのかと思っていたのですが、何も改変していない元のままのデータのROMでプレイしても同じ現象が発生したのでこれは何らかの不具合=バグではないかと思われます。一応これを消す方法は見つけたのですが、それを実行すると以下の写真のようになってしまいます。  確かに画面右端の黒い線は消えましたが、今度は画面の下半分に表示されるレーダーのコート図面が消えてしまいます。どうやらこの画面を表示するにあたってカットインやクローズアップ演出を表示する定義と同じスクリプトやコマンドコードでの設定がされているようなのですが、この定義のうちコート図を表示する定義(=ID15)に設定ミスがあるようなのです。この写真はコート表示に使用するスクリプトIDを無効化した状態でコート図もラインも消えるのですが、これをプログラム側から修正しようとすると何故かコート図だけが消滅して黒いラインはしっかりと残るので、このスクリプトやコマンドコードの場所を特定しない事には完全な修正は不可能です。まだ調査を始めたばかりでスクリプトそのものの記述場所が特定できていませんが、正式に修正が完了した際には修正パッチを公開する予定です。

第4次スーパーロボット大戦 マップ上でのユニット展開数増加不具合の原因判明とSRAMの仕様による一時断念

 マップ上にユニットを65体以上展開させた場合の不具合の原因が判明しました。結論から言うと、現状では一時断念せざるを得ません。HiROMの状態ではRAM容量(外付けRAMを含む)の不足でオーバーフローし、65体目以上のユニット情報が維持できないというのが不具合の原因でした。マップ上で展開しているユニットの情報はRAMの7E2000、7E4000、7E6000の各領域にリアルタイムで読み書きされているのですが、この単位が0080hのため0080*40(64体分)=2000hとなり、65体目以上の情報が維持できなくなってしまうのです。これがLoROMであればSRAM領域を1バンクあたりにつき4000hまで展開、最大で256Kbまで拡張できるので該当するデータを大容量化したSRAMに逃がして問題解決となるのですが、HiROMの場合は1バンクあたりのSRAM領域が2000hしか維持できないうえに128Kbが容量の限界となっています。多量のデータをSRAMで処理している魔装機神ではHiROMではなく従来のソフトによくあるLoROMという仕様(32MBLoRAM+32kbSRAM+SA-1チップとやや特殊ではありますが)を採用しているのはこの対策のためだと思われます。大容量のデータの場合はROM情報を特殊チップ仕様に変更してそちらで処理するという方法もあるらしいのですが、現状ではそれらしい資料が見つからず、これといってよい方法が見つかりません(一応リザーブRAM領域にデータを逃がすと正常に動くように見えるのですが、やはり維持できないのかだんだん動作が怪しくなり最後は突然ゲームオーバーになったりフリーズします)。魔装機神と同様にメモリマップをLoROMに変更する事も考えましたが、さすがに作業量を考えると厳しいものがありますので改善策が見つかるまで一時断念し、まずはSRAMに登録した増加ユニットの正常動作だけを目指す事にします。

コメント

人気の投稿

第4次スーパーロボット大戦 改造コスト&改造数値分岐パッチを公開しました

キャプテン翼4 レベル補正変更パッチを公開しました