スキップしてメイン コンテンツに移動

最新の投稿

ツール紹介 Advanced SNES ROM Utility

 今回は「Advanced SNES ROM Utility」というスーパーファミコン用のROMイメージ編集ツールをご紹介致します。内容的にはROM CheckerとLunar Expandを統合したようなツールで、ROMのタイプ(HiROM/LoROM)のチェックとROMイメージのサイズを変更できるのですが、その他にも色々と面白い機能が実装されています。以下がその一例です。 チェックサムの修正 ヘッダの追加と削除 ROMサイズの変更 ROM情報(タイトル、リージョン、バージョン、特殊チップの有無など)の編集 パッチの適用 ROMイメージのHiROM/LoROM相互変換  特に嬉しいのは「ROMイメージのHiROM/LoROM相互変換」の機能です。キャプテン翼4や5のROMイメージのHiROM化( https://www.retrogamelaboratory.com/2024/06/loromhirom.html )の際に触れたように、私は今までLoROMのROMイメージをHiROMに変換する場合は各バンクの間にいちいち8000h分の空データ(00)を追加していたのですが、このツールを使用すれば自動的に各バンクの間に8000h分の空データ(FF)を追加してくれます。こんな便利なツールがあるのであればもっと早く知りたかったですね…。ともあれ、これによりLoROMのバンクサイズの関係でデータを追加しにくかった作品も大幅に手を加えやすくなるのではないでしょうか。ツールに関する詳細は以下のURLをご参照下さい。 https://www.romhacking.net/utilities/1638/

第4次スーパーロボット大戦 精神コマンド「脱力」の対象者指定化計画

 敵ユニットのファンネルやオーラ斬りや分身の発動を防いだり攻撃力や防御力の低下を狙うために限りなく重要な精神コマンドである「脱力」ですが、残念ながら初出である第4次(と「新」)では自軍を巻き込んで使用者の半径3マスに存在するユニット全てに効果が及ぶという、かなり使いにくいものとなっています。敵ユニットに囲まれている場合であれば有効な精神コマンドと言えますが、実際にはこれを使用できるのがほぼ二軍レベルのパラメーターのパイロットばかりのため最前線に足を運んで使用など堪えないという有様で、「F」以降のように有効活用するにはなかなか骨が折れます。強いて言えば、ボスが合体状態の各種スペイザーに乗ってグレンダイザーのサブパイロットとして脱力を使用するのが最も有効でしょうか。

 そこで「F」以降のように、指定した相手に直接効果を及ぼす事ができるように効果を変更しようと思っています。処理の内容を解析してみたところ敵軍の特定の相手を指定する処理にする事自体は特に問題なさそうな感じはするのですが、試しに処理を組み込んでみたところアニメーションがうまく処理できません。どうやら「脱力」のアニメーションが使用者の周囲のみに適用される事を前提に作られているらしく、使用者から見て画面外の相手に使用すると表示されるハロを追尾してカメラが対象者に移動してくれません。一応これで脱力の効果自体は成立するのですが何とも気分がよろしくないので、「偵察」のアニメーションなどの処理を参考にどうにかできないか挑戦してみる予定です。

コメント

人気の投稿

第4次スーパーロボット大戦 改造コスト&改造数値分岐パッチを公開しました

第4次スーパーロボット大戦 初期型ROMと後期型ROMの物理的な見分け方と入手方法

第4次スーパーロボット大戦 コマ送りモードについて